弊社株式会社夏目は、明治初年(1868年)に信州・善光寺の門前で麻問屋として創業致しました。

以降、時代の変遷とともに商いの中心は荒物雑貨の問屋として、また、生活必需品でありました燐寸の配給を通して全県のお客様とお取り引き致しておりました。戦後は幅広いお取引先と永い歴史で培われた実績とネットワークを基に、

荒物雑貨の分野から新たな分野へ軸足を移し、印刷用紙の販売を新たに始めるとともに、燐寸を宣伝媒体品として展開し、宣伝・販促分野を開拓致しました。ノベルティーを中心としたビジネスで1956年には東京支社を開設し、東京を中心に広く全国の企業様と繋がりを持つようになりました。

現在は、関係会社に、繊維製品販売・繊維工場や中国(上海)の貿易会社を擁し、洋紙をはじめとする各種紙製品・ノベルティ用品・イベント用製品・オリジナル製品・衣料繊維製品・各種機器類を中心に幅広いお客様に展開しております。

品質に加えコスト面での対応力や納品までのフォローを向上させることで、当社のワンストップサポートの競争力を高めております。

 『お客様の創造を形にする』企画提案から製品を形にするまで。クリエイティブ企業としてチェレンジし続けてまいります。
 皆様方におかれましては、引き続きご指導・ご支援の程を宜しくお願い申し上げます。

株式会社夏目
代表取締役社長 夏目 潔